なんとなくでは終われない

東京B少年に心奪われて

実写化希望!ハイビーおおきく振りかぶって!

 

 

 

気づいてしまいました。

 

 

 

 

おおきく振りかぶって」がめっちゃHiHiB少年と親和性が高いということを…

 

(ただのオタクが自分の好きなものくっつけただけ)

 

いや、わかってるんです。

ただ自分の趣味だってことぐらいわかってるんです。でも、それにしても、胸の高まりが鳴り止まないので、好き勝手に書かせていただきます!

 

 

まず、皆様、「おおきく振りかぶって」をご存知でしょうか?ここで簡単にこの漫画の紹介です。

 

 

おおきく振りかぶって

作者:ひぐちアサ    出版社:講談社

月刊アフタヌーンに連載されている非常に人気のある野球漫画です。

アニメ化もされています。

f:id:ukiuki722:20170807220732j:image

球は遅いけど9分割のコントロールを持つ気弱なピッチャーを主人公に、埼玉県の弱小野球部が甲子園を目指す青春部活漫画です。魅力は、一試合一試合丁寧に描かれる野球そのものの面白さですね。それに、「高校生」ならではの、部員同士や敵チームとの人間関係がリアルに描かれています。「あ〜、高校生の男子ってこんな感じ」とか「あるある、こういうの」っていう共感できる箇所が多いところも魅力ですね。勝ち負けばっかりじゃなくて、あだ名で呼びあう照れくささとか、保護者と家族の関係とか、そんなとこまで描かれていたりして、とても微笑ましいんです。

 

 

 

さて!本題です!主な登場人物を、私の脳内キャスティングとともに紹介致します!

 

 

 

三橋廉(佐藤龍我)

f:id:ukiuki722:20170807221044j:imagef:id:ukiuki722:20170807224839j:image

 

主人公。ピッチャー。球は遅いがコントロールが正確。気弱で常にワタワタしているが、マウンドは絶対に譲りたくないという頑固な一面もある。中学時代は一度も勝ったことがなく、嫌われていた。

 

 

 

阿部隆也(那須雄登)

f:id:ukiuki722:20170807221416j:imagef:id:ukiuki722:20170807230026j:image

キャッチャー。頭脳派で、的確なリードで三橋のコントロールを活かして試合を作っていくチームの要。私の永遠の推し(子供には隆也という名前をつけると心に決めていたが、飛貴という名前に出会い、本気で悩んでいる)。物事に白黒ハッキリつけたい、相手の気持ちを考えるのが苦手なタイプ。

 

 

 

田島将吾(髙橋優斗)

f:id:ukiuki722:20170807222402j:imagef:id:ukiuki722:20170807230526j:image

西浦(主人公達が所属する高校の名前)でNo.1のバッター。中学時代はかなり強いチームに所属していた。打率は高いが小柄なためホームランは打てない。底抜けに明るい性格でチームのムードメーカー。唯一三橋の言っていることを即座に解釈できる。

 

 

 

榛名元希(浮所飛貴)

f:id:ukiuki722:20170807222941j:imagef:id:ukiuki722:20170807231501j:image

埼玉県の強豪、武蔵野第一高校のピッチャー。

三橋、阿部、田島より学年は1つ上でプロを目指している。中学時代、シニアリーグで阿部とバッテリーを組んでいたが、榛名の「どんなにピンチでも自分の肩を壊さないために90球以上は投げない」という考えにより、衝突していた。

 

 

 

いやー、面白そうでしょ?

私は紹介しているだけでドキドキしてきました。

 

 

 

この他にもたくさんの魅力的なキャラクターがたくさん出てくるんですが、私は特に今紹介した4人が好きですね。この4人が織りなす人間模様がたまらないんです。

 

 

 

例えば、三橋と阿部君。三橋と阿部君の性格は正反対。そのため最初は阿部君がうじうじしている三橋にイライラしていつも怒鳴りつけてしまいます。そのギクシャクした関係が、「阿部君がリードしてくれたら俺は勝てる」(ニュアンス)と三橋が伝えることによって、気持ちが通じ合い、バッテリーとしての信頼関係が少しずつできていくんです。

 f:id:ukiuki722:20170807235033j:imagef:id:ukiuki722:20170807235157j:image

 

 

 

え、待って…

って思いますよね!?

 

 

そうなんです!

これ、まさに、龍我君が泣きながら悩みを打ち明けて、那須君がシンメとして龍我君を支えていこうと決めたエピソードとリンクしてるんです…!!

 

 

 

さらに、阿部君と榛名の関係。

阿部君にとって、近すぎて嫌だった榛名の存在。ライバルとして再会する運命。これも、同期で学歴等共通点が多いにもかかわらずタイプが違い、お互い実力を認めながらもライバルと認識してきるうきなすの関係と、どこか通じるところがあります…

 

 

また、ゆうぴーの明るさとちょっとおバカなリアルな高校生感は、チームのムードメーカーの田島そのもの。三橋と仲がいいところも、龍我君が優斗君を慕っているのに重なります… 

 

 

 

うわあああああ〜

ナンジャコリャー

 

 

 

しかも、キャラと容姿が本当にかぶるんです!

 

龍我君の落ち着きのない感じは、本当に三橋のワタワタしている感じと似ています。常に汗かいている感じとか!

 

 

那須君の頭脳派なイメージは阿部君のイメージと重なる。ちょっと強引さや荒削りな感じは、おぼっちゃまな気品がある那須君とは違う気もするけど、そこは那須君の演技力に期待(無責任)。笑 あと、タレ目なとこもお見事!

 

 

優斗君はさっきも書いたような田島!!

田島、ティヤハっ!って笑ってそうですもん。

 

 

そして我らが飛貴様の榛名!つり目なとこ、気貴いとこがリンク!浮所君も育ちの良さでちゃいそうだけど、そこは演技力に期待(またもや無責任)

 

 

 

今、私の脳内でおおきく振りかぶっての名シーンが、hihib少年の彼ら達によって再生されています…

 

 

ああ…

偉い人…

HiHiB少年での実写化お願いします。

 

 

こんなシーン、HiHiB少年たちで見たすぎる…!!

 

 f:id:ukiuki722:20170807235206j:imagef:id:ukiuki722:20170807235433j:image