なんとなくでは終われない

東京B少年に心奪われて

ジュニア情報局 東京B少年動画公開‼

御無沙汰しております。長らくブログを書けていませんでした。

というのも、失念しておりました。

そうです、はい、湾岸Live落選です…

 

正直舐めていました。jr.担になるのは初めてだったので、1人何公演も応募できるんなら確実に1回くらいは当たるだろ!って思っていました。しかも、今回は、自分を含む4名義で全公演申し込んだので、もしかしてダブりすぎちゃうんじゃ?ちょっと調整する?とか話し合っていた自分たちを殴りたいです。よく考えたらみんな何公演も応募するんだから普通に考えて当選確率が10倍になるだけですよね。

 

今回、結構落ち込みました。うん、それほど熱が入ってしまっていたということですね…はあ行きたかった!コノヤロー、ジュニア情報局ふざけんなよ~って思っていたところに…

 

東京B少年 情報局動画更

ジュニア情報局様、ありがとうございます。愛してます。失意のどん底にいるオタクに救いの手を差し伸べてくださりなんとお礼を言ったら良いのやら…最近仕事が本当に鬱で精神的に終わっている毎日ですが、この動画を見ている時だけはニヤニヤとほほ笑んでいる自分がおります。アイドルってすごい毎日ありがとう。しかも動画も20分とボリューム満点!普段少年倶楽部でも、東京B少年が出ているところだけだったら20分もないと思うので、これはかなりの満足感。10秒くらいしか映らない(しかもメインのバック)ワイドショーを録画している我々からすれば、このボリュームは高級ホテルのランチビュッフェ並み。この動画を見ることが出来て、イベントへの応募券(あくまで参加券)得られて、年会費2500円って、ジュニア情報局スーパーお得です。まだの人は是非!ご入会お勧め致します!

 

今回の局動画、東京B少年のみの出演でちょっとした会場でファンの方集めたイベントの様子を編集して流してくれています。HIHI JETと同じ感じですね。

 

流れとしてはこんな感じ

1.歌

2.2組に分かれてゲーム(中学生組vs高校生組)

3.負けチーム罰ゲーム(ビリビリペンを真顔で耐える)

4.勝ちチームご褒美企画(胸キュン、愛のガチ告白)

5.歌(ユメタマゴ、少年のままで、キラキラ光れ)

 

トークに関して】

全体的進行役は那須君がやっているのですが、2チームに分かれてからは中学生チームのトーク担当は大昇君でした。というか、突っ込みも含め、大昇君はかなりトークを引っ張っているイメージ!猪狩君みたいの流暢に話せるわけではないのですが、めっちゃ一生懸命しゃべっているという感じ。この成長を見守れることが最高に幸せ。全力な半面、落ち着きない感じあったけどそこは、高校生組がしっかりフォローしてました。ってか、いつもHIHI兄さんやKING兄さんがいたから圧倒的後輩力がにじみ出ていた浮所君が…なんと…東京B少年だけだと飛貴お兄ちゃんに見えるのです…‼罰ゲームに怯える金指君に「大丈夫だよ、かなぴー強いから」と言ったり、那須君のガチ告白の後「俺好きだよー‼俺好き‼」と盛り上げたり、藤井君のエア壁ドンに壁があったと言ったり。そんな何気ないところにメンバーへの優しさを感じます。そして、突っ込みとかの言葉の一つ一つが丁寧。言葉遣いが綺麗で育ちの良さしか感じられません‼

それと、藤井君の安定感は抜群‼東京B少年はみんな頑張っていたけど、やっぱりたどたどしい感じがみんなあるのですが、藤井君にはそれがない。言葉を一番自然に発していて、突っ込みや動作で笑いもとれるし、KINGとかみたいなしゃべりなれてる感を感じることが出来ました。

 

那須君にイメージ変わりました】

那須君って真面目で堅物なイメージがありました。雑誌のインタビューとか、硬直してるんじゃないかと思いうくらいの真顔ファンサとかからそう勝手に解釈してましたが、局動画を見て印象少し変わりました。

那須、お主なかなかおもろいやん(何様)

そうなんです。正直に言いますがつまんないと思ってたんです。それが今回の動画で、「おれやるおれやる~、はいどうぞどうぞ~」の恒例のギャグの流れの中で、手を挙げるのが一番遅くなってしまった那須君が、「俺、遅かった、な(「な」のところで頭をペチンと叩く)」と言うんです…ものすごい昭和感。このシュールな感じが個人的にツボで、一気に那須君おもろいと思ってしまいました。あと、個人的にはここで、(どいしちゃったんだよお前!)って言わんばかりに「那須~!?」っていう浮所君と、「那須いきな」「早く那須」と無駄に急かしている龍我君も好きです。

あと那須君のことで触れるなら、声張るのがしんどそうな気がしました。顔を結構ゆがませてたので、大丈夫かな~って思いました。

 

【圧倒的に華がある龍我君】

龍我君、正直あんまりしゃべっていませんが、この子すごいです…動画だからなのか、簡易的なステージだからなのか、キラキラしている東京B少年の中でも圧倒的に華があるのです。発光してるというかなんというか…白い肌に赤い唇が際立ってて、なんか本当に美人な女優さんみたいなオーラを放っているんです。かわいいっていう感じより、華聯な感じで凛々しくかっこいいんです。『ユメタマゴ』の「裸になってなって汗かこ~」のとこでジャケットをチラっとめくって髪を少しいじる姿(汗を拭く再現なのか?)はなんか色気すら感じました…あのばぶちゃんのりゅがたんが…うう。この動画の龍我君を見ていると、龍我君には人を引き付けるオーラがあって、さすが入所してすぐジャニさんに気に入られるだけあるなと思いました(何様)

 

【浮所君の歌声】

 なんと浮所君のソロパートがございます。『少年のまま』の「愛なんて~間違えだらけで構わないさ~」のところ‼浮所君のちょっと高めの声が堪能できます。もう一人誰かの声が重なってる感じもしますが、そうだとしたらその人の声も好き(笑)しかも、その後の掛け声も浮所君‼担当としてはたまらないですね‼

あと、歌声に関して言えば、東京B少年全体の歌声は結構低めかなって思いました。少クラでの『keep On』とかのジュニア特有の高い張りのある歌声は意外とHIHI兄さんのものなのかな~って思いました。まあみんな声変わりの時期ですしね…

 

【HiHi Jetの局動画との違い】

雰囲気はあんまり変わらないのかな~と思っていましたが、全然違いますね。東京B少年の方が幼いです。フレッシュ‼東京B少年の動画を見てからHiHi Jetの動画みると、すごく落ち着いてて大人に見えます。トークも全員が慣れている感じ。あと、大きく違うと思ったのは、HIHI兄さんたちは、ゆうぴ、はしもっちゃん、瑞稀君、猪狩君の一人ひとりが強いところ。東京B少年は個人というより6人でトークして6人で踊ってるって感じだけど、HIHI兄さんたちは、一人ひとりがしゃべって歌ってるって感じ。ソロがあったからじゃなくってトークからそういう風に感じました。どっちがいいとか悪いではなく、違うな~って感じました。あと、はしもっちゃん、めちゃ歌うまいですね!

 

他にも、怯える金指君とか、ほかの人の発言繰り返しまくる龍我君とか、全力MCゆえ噛みまくりごまかすために必死にボケる大昇君とか、2人の設定のはずなのに投げキッス決めちゃう浮所君とか、ボールペンの渡し方までミュージカルな藤井君とか、「敗北」とかいう言葉が自然に出ちゃう那須君とか、かわいいところとおもろいところたくさんあるのですが、全部書いてたら議事録のなってしまうので、ここまでにしようと思います。

 

今週の少クラはHIHI兄さんたちの『yes』が聞けますね‼東京B少年も何か披露してくれますように…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

HiHi B少年の初現場!

まとめるのがかなり遅くなりましたが、8月26日に、HIBちゃん達を初めて生で見ることが出来ました。そう、ファンになって初の現場です。それはもう待ち遠しく、いつも死んだ顔で出勤しているのに、キントレの1週間くらい前からは、会社の先輩に上機嫌過ぎて怖いと言われました。

 

入った講演は14:30~の昼公演。勤務地からはるばる新幹線でいざ東京。その移動中、twitterを眺めていたら、私を動揺させる出来事が起きました。そうです。

ステナビの早売りを踏んでしまったのです。ただでさえ気持ちが異常に高ぶっているのに、あのHiHi Jetと東京B少年の対談を見てしまったのです。

ステナビの内容は6月からファンになりはじめた私(初現場を目前にして平常心を失っている私)にとって、あまりに刺激的でした。

 

HiHi Jet

・ハイハイが仲良くない時期があったこと

・優斗君がうまくなじめていなかったこと

・優斗君がハイハイに入りたくて「HIHIのHIって高橋の高じゃないですか」とジャニーさんに言ってハイハイ入りが決まったこと。(これに関しては優斗君本当に強いw)

・達観している瑞稀君すらどうしたらいいかわからなかったこと

・優斗君の心が途中から変わったこと

・優斗君の頑張りをみんなが認め始めたこと

東京B少年

・龍我君と那須君と藤井君の3人がエリートだったこと(それでJr達がざわついたこと)

那須君はメンバーを決める意見を出せる立場にあったこと

・優斗君はB少年に入る可能性もあったこと

・大昇君はグループに入るためにドラムを身に着けたこと

・なかなかメンバーが決まらなかったこと

・ユニットが固定化されるために那須君がメンバーを縛りすぎてしまったこと

・それで「那須面倒くさい」という雰囲気になった時、藤井君が那須君の想いを酌んでメンバーに伝えていたこと(本当に藤井君のこういうところ人徳感じる)

・みんな「イベントごとにユニットが解散されるんじゃないか」と不安な気持ちと日々隣合わせなこと

 

記事を読んでいろいろ考えさせられました。

ジャニーズってキラキラしていて、その中でも東京B少年なんかめちゃめちゃ推されていて、ビジュアルも良くて運も強くていいよな~すごいな~って思っていたけど、やっぱりキラキラした世界の裏には厳しい世界があることを再確認しました。みんな努力して今の場所にいるし、今の状況に満足している人なんて一人もいないんだなと。らじらーでめちゃめちゃアホそうに明るく笑っていた優斗君も辛い時期があったんだなあと。想像はしてたしわかっていたけど、具体的な話を聞くと、やっぱりぐっと来ます。

ジャニーズを馬鹿にする人って多いし、特にジュニアのファンだと周りに言うと引かれることも多いけど、ジュニアがジャニーさんにどうアピールするか考えるのとかって、部活でレギュラーとるために練習して顧問にアピールするのとか、なんなら仕事でスキル身に着けて人事や上司にアピールするのと一緒。むしろ芸能界でスターになるというかなりの狭き門である夢に向かって若いうちから毎日がオーディションみたいな環境に身を置いているのって、自分にはとてもできない人生の選択だから本当に尊敬します。自分もジュニアみたいにもっと必死になってやりたい仕事に挑戦できるよう努力しなきゃって心の底から思う。

 

と、まあ今だからこんな風に書いているけれど、26日新幹線の中でステナビ読んでしまった私はこんなに冷静ではなく、琴線揺さぶられまくり感情HIHI JETでした。

 

優斗君、やっぱり距離感じてたんだね…

ってか優斗君ハイハイ入った経緯やばすぎw勇者w

結構最近までギクシャクしてたやん…

うう…そんな時もらじらーで元気に笑っていてくれててありがとう

ハイハイのみんなも優斗君を受け入れてくれてありがとう…

あ~優斗君大丈夫かなあ…慰めたい(無理、迷惑)

那須君、お主権限ありすぎ怖いw

大昇君おちゃらけキャラとのギャップが…びえ~

藤井君…さすが最年長…

浮所君は多分自信家やな~

金指君~クビとか思ってた時期あったんだね…

ジャニさんに見つかって本当に良かった…

てかみんなすごい、みんな頑張ってる!

みんな大好き!

私もこんなんじゃだめだ、もっと仕事頑張ろう!

すごいやる気わいてきた、今すぐ仕事したい!

てか、今から生でハイビーちゃん達を見られるのか…

やばい、みんな好きすぎて誰見たらいいのかわからない...

 

本当に感情ぶれっぶれで、謎に仕事やりたくなったり、橋本涼君の昔のブログ読んで泣きそうになったり、そわそわしてトイレ4回行ったり、合流する姉にLINE送りまくったりと、ステナビの記事にかなり影響うけてました。

 

そんなこんなで初めて新幹線で寝ることなく東京に到着。

姉と会った瞬間からステナビのことについて語りまくり、2人で「胸いっぱいでご飯食べられない」と言いながらカフェに入り、ひたすらハイビーちゃん達のことについてしゃべりながらペンライトの動作確認と前日にかったオレンジのスカーフの巻き方を覚えEXシアターに向かいました。

 

 

現場について思ったこと。

皆さんガチデート服なんですね…

いや、これはセクゾでメンバーカラーの服を着るのが普通だと思っていた私がいけないのですが、本当に皆様が普通のおしゃれをされていることにナチュラルに驚きました。

オレンジのストール巻いてる自分…って感じでしたが、ここで冷静になっても仕方ないし万が一、いや億が一浮所君がこっち見てくれた時にファンであることわかってもらいたいので、そのまま装着したままにしていよいよ入場。

 

入場して思ったこと。

ガチで一番後ろ。1500番台後半なのでバルコニーの下でした。ただ、EX自体初めてだったので、会場の狭さと、バルコニーの階段の近さに胸が高鳴りました。この階段通るとしたら、めっちゃ近くない…?やばくない…?と興奮してました。

 

そしていよいよ講演スタート!!

 

見えない。

いや、正確に言えば隙間からちょいちょい肩から上は見えます。が、安定的には見えないし、尊く綺麗なお顔を拝むためには確実に正面のモニターを見たほうが良い…なんかそうだとはわかっていたのに、生で見られる機会に画面を通してではなくこの目で肉眼で見たいという気持ちが強く、必死で見てたので曲の記憶が正直あまりありません。

そして、そんな感じでワタワタしていたら、キングとハイビーちゃん達が横の道を通ってこっちに近づいてくるではありませんか…

 

やばい!

階段来る!

めっちゃ近い!

あ、猪狩君きた!

あ~一瞬で2階行っちゃうんだな~

え、どこ行くの?

え、みんななんで後ろ向いてるの?

え、私たちの上、通り道なの?

 

そうなんです。勉強不足で、バルコニーの後ろがあること知らなかったんです。この時初めて知ったので、それはもびっくりして、あたふたして、落ち着くことが出来ないうちに浮所君と優斗君は通り過ぎてしまいました。オタオタオロオロしている上に真下すぎて一応ペンライト振ったけど、もちろんファンサなどもらえず。とりあえず、こんなに近くを通ることを初めて知ったことで驚きすぎて頭が混乱してしまいました。

 

姉と「びっくりしたね」「予想外だったね」「てか大昇君めちゃ顔綺麗だった」「那須君無表情だったね」と会話を交わすものの、お互い自担をしっかり見られなかったこととファンサをもらえなかったことにちゃっかり少し落ち込みました。単純です、はい。

 

まあ、この落ち込みが逆に落ち着く良いきっかけになり、それ以降のステージは肉眼で見ることは完全にあきらめモニターで楽しみました。

 

また、後半にもう一度ハイビーちゃん達がバルコニーに回ってきてくれた時は、さすがに反省を生かすことが出来ました。そして、多分、優斗君と目があってお手振りしてもらえました。多分だけど。ハイハイの緑のペンラ持ってたからかな。でもかっこよすぎて、なんかあんまり覚えてない。浮所君には見てもらえずスカーフは日の目を見ませんでした。

 

そんなこんなで、あっという間に講演は終わりました。終わった直後は、私も姉もなんか落ち着いていました。確実に講演前の方がテンション高かった。それが何故か話し合ったのですが…

 

結論:歌って踊るところが生で見たかった

(+「もらえるわけない」と言いながらも密かに期待していたファンサをもらえなかったことに実は少し落ち込んでいた)

 

結論、これです!やっぱり、アイドルが歌って踊ってるところを生で見たかった。自担が近くに来るのが楽しいんじゃなくて(いやもちろんそれも最高なんだけど)ステージ全体を見て、衣装とかダンスのフォーメーションとか見て1曲1曲を楽しみたかった。やっぱり、ライブの醍醐味ってこれに尽きると再確認しました。そして、だからこそ、2つのグループには単独公演やってほしいという気持ちが強くなりました。EXみたいな狭い場所じゃなくて、席が与えられている会場で自担のうちわとペンライト持って曲にノリノリになって楽しみたい。そうなるためには、やっぱりデビューしてほしい!

 

この結論にたどり着き、その後からはハイビーちゃん達がどうしたらデビューできるのかについてひたすら話し合いました。優斗君と浮所君は演技勉強したら俳優出来るタイプとか、龍我君と大昇君はモデルになれるとか、この子にはもっとこういうスキルをつけてほしいだとかあーでもないこーでもないと勝手にマネージャー兼母親目線でしゃべって、とりあえずGALAXY BOX追加しました。

 

なんか日記みたいになってしまいましたが、最後に印象的だったことをさらっと!

・優斗君の歌声が想像していた声と違った!

・優斗君、噂通りファン苦手そうだった(あ、目悪いって言ってたっけ?)

・猪狩君のキャラが想像していたよりもキャピキャピしていて中3感感じた!

 

は~東京B少年とHiHi Jetに幸あれ!

f:id:ukiuki722:20170902221819j:image

 

 

 

少クラHiB HiB dreamで動揺する

 

 

 

どうしたらいいのだろう。

 

 

ここ最近、東京B少年たちがかっこよくて動揺している…いや、元からすごくかっこいいことは知っていた。違うタイプのイケメンを綺麗に揃えたグループ。ふとした瞬間に顔が整いすぎてて驚くことは何度もあったけど、やっぱりかわいいかわいいって思いながら見ていた。

 

そしたらこの前のザ少年倶楽部

ハイビードリームを踊る浮所飛貴が…

うきたんじゃなくて飛貴様だった。

 f:id:ukiuki722:20170816231447j:image

 f:id:ukiuki722:20170816231456j:image

スタイル良すぎ。

白スーツに赤のシャツで気高さと気品があふれ出ていて、前を開けているジャケットをはためかせていて、前奏のうきなすダンスで圧倒された。

 

いっつもニコニコ天然なうきたんが、切れ長の目をよりキリッとさせていて、イケメンすぎて息を呑んだ。

 

それでクールに歌うAメロ。

KINGステーションでは那須君から浮所君のカメラワークでしたが、少クラでは浮所君から那須君と逆になっていましたね。私は少クラのカメラワークの方が好き。

 

あと、このA メロに入る前、浮所君なにかを直してる。マイクか何か取れちゃったのかな?一旦後ろ向いて向き直ってそのまま歌に突入するこの一連の流れがが仕事出来る男っぽくてとめも良い。

f:id:ukiuki722:20170816231608j:image

f:id:ukiuki722:20170816231650j:imagef:id:ukiuki722:20170816231655j:image

トラブルにも臨機応変に対応するとかイケメンすぎ、絶対出来るタイプ。上司に欲しい。完全にただのオタクの過大評価なんだろうけど、ツボに入ってそこを何度もリピートしてます。暇なんです、ええ。

 

 

f:id:ukiuki722:20170816224439j:image

f:id:ukiuki722:20170816231428j:image

サビの飛貴様。麗しい。このスーパー上品なホスト感。いや、ホストじゃない。もっと高貴な感じ。森泉とか海外の大富豪しか参加できないパーティにいそうな感じ。いつもの可愛らしい感じじゃなくて、自信満々、百戦錬磨、俺に落ちない女はいないし、まあ特定の女性には興味ないよ的な。勝利君のソロの『why?』の世界観っぽい感じ。

 

 

 

 嘘だろ!?

これ本当にうきたん?

f:id:ukiuki722:20170816225407p:image

ついこの前の雑誌で 甚平着て大好きな平野君の横で幸せそうに笑っていたうきたん?かっこよくてかわいいなんて、しかもその幅が死ぬほど広いなんて、もう罪です。おばはんはいちいち翻弄されますからね、心臓に悪いです、本当に。

 

 

と、そんな飛貴様に夢中になっていたら、目に飛び込んで来たのが、飛貴様の次に映ったこの子…

f:id:ukiuki722:20170816231733j:image

龍我君、目がキラキラしてる…

かわいい。初々しい。

 

実は最近、ゴゴスマの龍我君を見て、すらっとした体型や落ち着いた雰囲気、低くなった声を聞いて、龍我君は身長も伸びたし、赤ちゃんのりゅがたんじゃなくて少年の龍我君になったんだなんて、嬉しくも切ない気持ちに勝手になって感傷に浸っていた。

 

 

だって、写真集のポスターとかただのイケメン大学生にしか見えないし。

f:id:ukiuki722:20170816232834j:image

(※これやばくないですか?サークルの中心の先輩でみんなの憧れの的なのに年上の大人彼女がいる大学生にしか見えません。)

 

 

 でも、そんなの杞憂だった。

少クラにまだまだ目をキラッキラに輝かせたバブみのある表情で踊るりゅがたんが健在だった。なんなら目の輝きは増してるくらいに感じた。

f:id:ukiuki722:20170816233134j:image

f:id:ukiuki722:20170816233138j:image

 

あと、少クラの感想からズレてしまうけど、ビビット那須君が喋ってる後ろに映る龍我君のあまりの可愛さ。初々しさ。

f:id:ukiuki722:20170816233759j:image

 

多分、龍我君の特別目を引くこの目のきらめきは、成長しても失われないんだろうな〜ってか、これからいろんなことがあると思うけど、この目の輝きだけは失わないでほしい。周りの大人たちと那須君、ちゃんとその辺宜しくお願い致します。

 

 

 

 

ふう。

この前の少クラのパフォーマンスは、本当に心揺さぶられました。いい歳したおばはんが少年に翻弄されました。でもとっても幸せです。これからも、彼らのパフォーマンス一つ一つでオタオタオロオロしたいです。

 

 

ちなみに、コードに引っかかった優斗君も見逃さなかったよ!優斗君が無事でよかった!

 

☆Welcom to 東京B少年☆メンバー大紹介!

今更なのですが、今日は私がはまりにはまっている東京B少年のメンバー紹介を致します!!少しでもキラキラなB少年達に興味を持ってくださると嬉しいです。

 

東京B少年

f:id:ukiuki722:20170815171356j:image

結成日:2016年11月23日

結成当初は「Tokyo Boys」という名前だったが、「東京B少年」になった。

※いくつか候補があったが、B少年達が自分達で選んだとのこと。「東京B少年」に決めたことを報告すると、ジャニーさんが「なんで?」と言ったそうw

 

メンバー:藤井直樹、那須雄登、浮所飛貴、岩崎大昇、佐藤龍我、金指一世(年齢順)

※結成当初は藤井君、那須君、浮所君、大昇君、龍我君の5人だったが、2017年のクリエの前に金指君が加入。以後6人で活動している。

那須君と龍我君が先輩のコンサートのバックについており、ジャニーさんがその2人に合いそうという理由で藤井君を指名したのがB少年の始まり。そこに浮所君と大昇君が加入。最後に金指君が加入。

 

メンバー全員が2000年以降生まれというスーパーフレッシュグループ!

結成時、ジャニーさんに「YOUたちは王道アイドルで行くんだよ」と言われたとのこと。

年齢も藤井君が最年長で高2で、龍我君・大昇君が中3で、中1の金指君は少し離れているけど、年齢差があんまりなく、わちゃわちゃにぎやかな雰囲気です。

 

※追記

記事を読んでくださった方からご指摘頂きました。金指君は中2でした。間違ってしまい申し訳ありません。

 

それでは、一人ずつ紹介致します。

 

藤井直樹

f:id:ukiuki722:20170815171042j:image

 

・東京B少年の最年長

・現在高校2年生の16歳

・出身は千葉県、血液型はO型

・誕生日は9月18日

・2016年1月入所

・尊敬する先輩は山田君、高橋海人君(海人君に顔がとても似ています)

・得意なことはダンス。5歳から習っている。人前で踊ることが大好き。

・メンバーカラーは緑。

・最年長だが慎重派161㎝と金指君の次に小さい。

・少クラで、司会の河合君から「ふわ~っとしてる」と言われるくらい、ふわふわした雰囲気をまとっているが、物事の良い悪いをはっきり言うタイプ。

・ホラーや絶叫系が好き

・クリエで、クールで冷めている「藤井君」とぶりっこの「なあくん」を使い分けるキャラを確立。

・姉がいる。わがままらしく、むかつくこともあるがなんだかんだ言うこと聞いちゃうらしい(こんな弟がほしいです)

・ギターを練習中。

・リハーサル等で段取りを仕切る役目。

 

☆一押しポイント☆

なんといっても、アイドル精神の高さです!!パフォーマンス一つ一つに全力で表情をつけてくれます。また、カメラアピールも素晴らしい!いつもキラキラ満開の笑顔を見せてくれています。その一生懸命な姿を見たら、あまりに健気で応援せずにはいられなくなります。また、身長は低いながらも、面倒見が良いところも魅力。金指君が東京B少年に入りたての頃、カメラの位置を教えてあげていたり、手の動かし方を見てあげたり、さすが最年長と感心してしまいました。すごく真面目で、将来のことやパフォーマンスのこととか結構現実的に考えているタイプです。多分、精神年齢は高めで、藤井君・なあくん芸を確立したことからもわかるように、自己プロデュースが上手なんだと思います。

 

那須雄登

f:id:ukiuki722:20170815171057j:image

・東京B少年のブレーン。偏差値75の慶應の付属高校に通う秀才。

・現在高校1年生の15歳

・出身は東京都、血液型はB型

・誕生日は1月16日

・2016年4月入所

・尊敬する先輩は櫻井君、中島健人

・得意なことは勉強。数学が特に得意。

・自他ともに認める大真面目。メンバーに真面目すぎてつまらないといわれるw

・5歳から野球をしており、ジャニーズ野球大会でピッチャーとして活躍。

・メンバーカラーは青。

・身長は167㎝(完成されたお顔のわりに背が低いのが意外。本人は「父親は180㎝超えているから大丈夫」と言っているが個人的には割と心配w)

・佐藤龍我大好き芸人。ジャニーさんに「佐藤龍我はYOUに任せた」と言われ、嬉々としてその役目を務めている。雑誌等のインタビューでも何かと龍我君のことを答えがち。「シンメとして大切にしたい」とほぼ告白に近い発言をかます。

・誰かに似ていると言われがち。中島健人君、阿部亜嵐君、本髙君など。確かに口元は中島健人君に似てると思う。個人的にはカレーパンマンに似ていると思います。誰かわかってください。

那須与一の子孫(ホンマカイ)

・B少年の顔面担当。一般受けする完璧なお顔で「BYAKUYA」とささやき、会場にいたファンを虜にする。那須君から東京B少年に興味を持ち始める人も多いのではないでしょうか。

・東京B少年のうちから誰かひとり代表でコメントを言うとすれば那須君。BUT活舌がちょっと悪い(かわいい)

・浮所君の服真似しちゃう(いとおしい)

・B少年のマナーとか私生活を統制する役割らしい

 

☆一押しポイント☆

頭がいいところですね!顔というか、雰囲気が櫻井君に似すぎていて、将来歌番組の司会とかやっているところが容易に想像できます。HIHI JETの井上瑞樹君が東京B少年について「那須君が頭良くて、B少年のみんなに指示ができる」と語っているように、B少年のブレーンですね。これからも東京B少年をよろしくお願い致します。すっごいしっかりしているように見えて、意外とかわいいところもあって、そこもまた魅力ですね。

 

浮所飛貴

 f:id:ukiuki722:20170815171303j:image

・東京B少年の天然。一方で偏差値72の立教池袋高校(男子校)に通う。

・現在高校1年生の15歳

・出身は愛知県豊田市だが、育ちは東京。

・血液型はB型

・誕生日は2月27日

・2016年4月入所

・身長は171センチ。小顔でスタイル抜群。

・尊敬する先輩は、中島健人君(中島健人君好きすぎて、肩ポンされた時「ぎゃああああ」と悲鳴を上げてひっくり返る@勝利サマパラ)

・特技がやばい。乗馬(乗馬検定5級取得済み)、バイオリン、テニス(テニスは強豪校だが中学から始めて1年生でレギュラーを獲得)。溢れ出るロイヤリティ。

・テニスは結構本気で取り組んでいたと思います。中学時代は毎日の部活の後に週4でテニススクールに通っていたとのこと(ちなみにスクールない日は勉強していた←神)。今も日曜日はテニスをしているとのこと。ジャニーズのオーディションにも大きなテニスバックを背負って行ったとのこと。

・自分のことを「あまりいろいろなことに手を出さないで、決めたことに集中するタイプ」と分析。

・メンバーからは天然・自由人と言われる一方、努力家で研究熱心と言われることも。

・器用(ローラー、アクロバットなど、ジャニーズ運動会のPKなど、なんでも卒なくこなす)

・天真爛漫

・元気、声がでかい(若干ハスキーボイス)

・ジャニーズの仕事が大好き。いつかはなりたいと思っており自分から履歴書を送る。

・メンバーカラーはオレンジ。

・ファンサマシーンと言われている(生で見たことがないのでまだ私はわかりません)

・コミュニケーション能力が高い。先輩にも自分からどんどん話しかけられる。金指君に「常に自己アピールしてる」と言われるw

・メイクと髪のセットに時間がかかる(メンバーから文句言われがちw)

・横顔めっちゃきれい(平野君に似ている)

・名前がかっこいい(ご両親に感謝)

・弟と妹がいる長男(兄弟の名前気になる・・・気になりすぎる・・・)

・私服にラルフローレンをよく着ている(私服品良すぎて・・・好き)

・リチャとリドというリスを飼っており、休みの日は一緒に遊んでいるらしい(動画ください)

 

☆一押しポイント☆

もう全部です。知れば知るほど浮所君は魅力的です。本当に全部好きなんですけど、一番は、「この仕事が大好きで、楽しくてたまらない!!」っていうのが全身から伝わってくるところですね!いっつもニコニコしていて、生き生きしていて楽しそう。バックで踊っている時でさえもニッコニコ。カメラが回ると手ふったりぴょんぴょんジャンプしたり。松潤とか中島健人君にも共通して言えることですが、自分からアイドルになりたくて頑張っている人ってやっぱり応援したくなりますよね。あと、これは完全に自分のタイプですが、自分が不器用なので、器用なところも憧れちゃいますね(年下w)。あと、スタイルの良さと品の良さ。白スーツの衣装が本当によく似あい、まるで王子様です。

長くなってしまいました・・・浮所君大好き芸人なので許してください・・・

 

岩﨑大昇

f:id:ukiuki722:20170815171319j:image

※この瞬間、大昇君のノリそのもの‼

・東京B少年の自由人&お笑い担当。

・現在中学3年生の15歳。

・出身は神奈川県

・血液型はO型(っぽい!!)

・誕生日は8月23日

・2015年5月入所(東京B少年の中では1番先輩)

・身長は171㎝。脚が長くスタイル抜群。

・尊敬する先輩は二宮君。

・メンバーカラーは黄色。

・白い。とにかく白い。白すぎてあだ名が「ホワイト」

・自他ともに認める「陽気でうるさい」性格。

・度胸半端ない。テレビや勝利のサマパラなど、あまりしゃべりなれていないB少年の中でギャクを披露できる。「慶應でおうけい(OK)?」「脚だけにアシンメトリー」「う~!マンゴ!」などなど。なお、滑る覚悟はできている模様。この度胸はバラエティで開花するはず!ってかB少年だれか突っ込んであげて!笑

・いつもは前髪がある優等生ヘアだが、時々するデコ出しがめちゃめちゃイケメン。2017年3月1日放送少年倶楽部「Thank youじゃん」見てください!

・歌がうまい。声が良い。2017年6月9日放送少年倶楽部「Keep On」の「Round&Round&Round 強くなれないね」のソロパートは特に秀逸。

・ジャニーズの先輩たちが大好き。自分からどんどん話しかけられるタイプ。コミュニケーション能力が高い浮所君が嫉妬するほど(笑)

・ジャニーズの先輩たちから「用もないのに話しかけてくる奴」と言われているwダル絡みが多いが結局おもしろいやつと先輩からも愛されている。

・ぶっ飛びすぎていて大昇ワールドがある。不思議キャラ。

・すごい勢いでしゃべる。

・料理が好き。得意料理はチャーハン。お菓子も作れる。

・歴史が好き。

少年倶楽部初登場の時は顔面蒼白だったり、ヘッドセットが鼻の位置にあったり、いろいろと逸話を残している。

 

☆一押しポイント☆

なんかよくわかんないけど大物になる!って思っています。何かと豪快!底抜けに明るくてギャグで滑っても全く気にしない様子など、見ていて清々しいです。そこに一切の計算がなさそうなのがまた良いです。絶対悪口言わないタイプっていうのが見てわかります。あと、個人的には大昇君の声が大好きです。太くて響くすごく良い声です。ジャニーズ興味ない人が聞いてもいい声って思うと思います。それでいてお歌も上手。東京B少年の歌声がいいのは大昇君の存在が大きいかもしれません。大昇君みたいなお調子者キャラ大好きです。

 

佐藤龍我

f:id:ukiuki722:20170815171331j:image

・東京B少年の赤ちゃん。メンバーから溺愛される(特に那須君)

・現在中学3年生の15歳。

・出身は神奈川県

・血液型は不明。

・誕生日は12月17日

・2016年6月入所

・身長は173㎝。超絶手足が長い。スタイル抜群。身長がぐんぐん伸びており、グループ内で1番のばぶちゃんなのにグループで1番高身長。手足が長すぎて、ジュニアマンションで隣人にぶつかる問題が発生していた。

・尊敬する先輩は相葉君。松島聡君。

・メンバーカラーは赤。

・10歳年の離れた妹がいる。弟もいる。

・好きな教科は技術。昔は体育と答えていたが、あまり活躍できなかったジャニーズ運動会後技術と答えるようになった。(愛おしい・・・ちなみに勉強は全部苦手)

・メンバーからも「赤ちゃん」「ばぶちゃん」と言われ、ファンからも「産みたい」と言われるほど母性本能をくすぐる可愛らしさを持つ。

・特技はダンス。小学校1年生から習っている。ダンスをしているのが純粋に楽しくてたまらない感じが伝わってくる。

・うまいというより独特なダンスをする。Mステで披露した「喜びの歌」では「君と走っていこう」という歌詞に合わせて走ってみる(ほかのメンバーはかっこいいフリーダンスしてます)。2017年7月22日放送のKINGステーションのセリフメドレー、ぜひ見てください。この日は独特ダンスがさく裂しています。

・声はハリのあるしっかりした声をしている(現在声変わり中)

・赤ちゃんしかかかない汗のかきかたをする。

・メンバーから「鼻がかわいい」と言われると怒る。個人的には口がかわいいと思う。

那須君から寵愛を受ける。HIHI JETの髙橋優斗君からも寵愛を受ける。

・キョロキョロしていることがあり、何もない上のほうをぽ~っと見つめいていることがあることから、ファンの間で「龍我君は妖精さんと会話をしている」と言われている。

 

☆一押しポイント☆

「可愛い・・・」「育てたい・・・」これに尽きます。少クラのトークとかでも、緊張しすぎて尊敬する人を聞かれた時に「あい、相葉、相場君です」と、噛みまくってまさかの呼び捨てをするなど、めちゃめちゃ愛おしかったです。そんな可愛さの一方、長すぎる手足や切れ長の釣り目のシュっとした感じがとても美しいです・・・自然体の可愛さ&癒しパワーで東京B少年だけでなく、HiHi Jetのメンバーからもデロンデロンに可愛がられています。

 

金指一世

f:id:ukiuki722:20170815171341j:image

・東京B少年の最年少。クリエでバックにつく予定だったところを、ジャニーさんに「YOUやっちゃいなよ」と言われたことで彗星のごとく東京B少年に加入。

・現在中学2年生の13歳。

・出身は東京都。

・血液型はO型。

・誕生日は2月9日

・2016年6月入所(龍我君と同期)

・身長は157㎝。8月11日放送のKINGステーションでは160表記のサイズのTシャツを着ていた。

・尊敬する先輩は松本潤君。

・メンバーカラーはピンク。

・歌がめちゃくちゃうまい。Mステでいきなり始まりのソロパートを与えられる。Mr.KINGのオリジナル曲「スペースジャーニー」でもソロパートを与えられる。さらに、東京B少年とHiHi JETのオリジナル曲「HiB HiB dream」も金指君のソロから始まる。

・とてもフォトジェニックな素晴らしいお顔。

・自他ともに認めるかわいい系。

・その一方で、かなりの負けず嫌い。ちょっと生意気な感じもありそこがまた良い。

・一人っ子なため、メンバーと一緒にいるのが楽しい。

・小学校卒業の文集に将来の夢としてジャニーズに入ることを書いている。

・入所して1年は仕事があまりなく、悔しくてローラースケートを習いに行った。そのローラースケートができることをジャニーさんに見つけてもらって声をかけてもらったとのこと。(努力って素晴らしい・・・)

・背を伸ばすために「セノビックス」を飲んでいる(愛おしい・・・)

スターウォーズが大好き

・謎の薄ら笑い(個人的ツボwww)

・好きな場所は家(インドア派押せる!)

・髪の毛サラサラ。セットにはまだ興味がない。

・あだ名は「金指少年」「おかねん」

 

☆一押しポイント☆

めっちゃ可愛い顔して、めちゃくちゃ押されているのに、媚びている感じがないところですね。突然の東京B少年加入やソロパートなど驚きましたが、金指君は夢に向かって努力を怠らなかったのでチャンスをつかむことができたんだなあと思います。そんな金指君、応援しないわけにはいかないです!むしろ尊敬です!また、彼はすごく堂々としていますし、本当に歌が上手。お顔もとっても整っていて、どのように成長するのかとっても楽しみです!

 

 

 

ふう~とっても長くなってしまいました。

でも書き足りないくらい彼らには魅力がいっぱいです。

 

東京B少年は誕生日遅い人が多いですね。

あとB型とO型のみでA型がいないんですね。龍我君はわからないけど。

 

 

本当は、まだここにメンバーの関係性とか書きたいのですが、

あまりに長くなってしまったのでまたの機会にします。

HIHI JET版も近いうちに書く予定です。

 

 

最後まで読んでくださった方、ありがとうございました!!

是非、一緒に東京B少年を応援しましょう!(誰)

 

 

勝利君サマパラレポまとめ

 

勝利くんのサマパラ、ハイビーの皆様がバックでついていました。

 

 

勝利担の私は毎年ソロコン行ってるのに、今年に限ってケンティのソロコンに応募しました…自分なにやってる…ケンティのも外れたし…

 

 

でも、Twitter見てると皆様が素晴らしいレポをあげてくれるので、それでテンションブチ上がってます\(^-^)/

 

 

少年たちの可愛いが皆様の文章からダダ漏れで、その姿が想像できるだけで萌えるので、ちょっとまとめてみることにしました!

 

 

浮所飛貴

・強火健人担な浮所君。

・ケンティがゲストとして登場する前から「やばい」を連呼

・興奮しすぎて息切れがマイクに拾われる(猪狩部長に「こんなに息切れが聞こえるMC他にない」と突っ込まれる」。猪狩部長ナイス!)

・ケンティと握手した橋本君が「いいだろ!握手してやろうか」と言うと、真っ先に「お願いします」と手を差し出す(従順なオタクw直接してもらえよw)

・健人君に「見られるだけで幸せ」と言う(オタクかよw)

・それをケンティに「いい声だね」と褒められてめちゃ嬉しがる(素直かよw)

・去り際のケンティに肩をポンっとされて「ぎゃあああああ」と悲鳴を上げながら倒れる(完全にファンサもらったオタクww)

・健人君がMCで藤井君・龍我君・那須君を褒めているときに切なそう顔をする浮所君

・写真集撮影の際、髪のセットに時間がかかった話でメンバーから攻められてオドオドする浮所君

勝利君がイギリス旅行から帰った時にあげたお土産(何も用意していなかったからポケットに入っていたコインを渡しただけw)を勉強机に飾っている浮所君。

勝利君にうっきーと呼ばれて嬉しがる

 

 

 

いや~、うきたんマジかわいい!!

まさかオタクだったとは・・・!笑

しかも元勝利担でケンティは人間として尊敬している私にとって、趣味・趣向が同じすぎてとても良い・・・(何様)

このままケンティ目指してすくすくとキラキラスーパーアイドルになってください・・・おばはんは応援致します・・・

 

 

そして、上のレポからも皆様からのレポからもわかるように、我らがケンティこと中島健人様がいろいろとさすがすぎるのでケンティについてもまとめます。笑

 

 

中島健人

・「相当美少年でーす」と登場する

・ゲストとして登場することで東京B少年たちをデロデロにするケンティ

勝利君と話しがしたくてなかなか戻らないケンティ

・MCの時行儀よくしているHIHIB少年たちに「なんだこの寡黙な10人は!」と言い放つ。

トーク中には浮所君に握手しなかったのに去り際に肩ポン(本当に罪な男。狙い通り浮所君は完全に堕ちました)

・「君の表情がよかった、君の右手がよかった、ダンスが良かった」とプロデューサーのように細かくみんなを褒めるケンティ

・それまでのMCに出ていなかった橋本君と藤井君のことを真っ先に話す(こういうとこです!こういうとこです!)

・まだやっていない演出のことを言ってしまい「あれ?ネタバレスティックパイナポー?」というケンティ。

・客席に戻った時に、ステージに背を向けてケンティを見るファンに対し、「勝利を見ろ」と言ってステージを指さすケンティ

 

 

ケンティのぶっ飛んでいるのに心優しいところ、もう好きとかそういうレベルではなく尊敬です。

 

 

さて、ここからはうきたんとケンティ以外のかわいい少年たちについてザッと書いていきます!もっとちゃんとしたレポを見たいという方は私のTwitter見てみてください!いいねかorリツーイトで保存してあります。

 

金指少年

勝利君が松潤からメールもらったという話で、松潤が尊敬する先輩である金指少年に「いいだろ?」と言ったら「へっ!」と薄ら笑い(HiBたち爆笑)

勝利君から「ピクミンみたい」と言われる

勝利君と猫語で会話

・口数少ないけどニコニコ

※私金指君の3秒笑えないとことか、謎の薄ら笑いとか、実はかなり努力家なとことか、反骨精神ありそうなとことかかなり大好きです。今度金指君に関して記事書く予定です。

 

岩崎大昇

・度胸ある突っ込みが素晴らしい!

・龍我君がスタイルが良い話で、那須君と足の長さが違う話で「ギャグ言っていいっすか!?脚だけにアシンメトリー!」とぶっこむ。もちろんうけない。(個人的にはこのギャグの前に「シンメなのに恥ずかしい」という那須君にもキュン)

那須君が慶應で頭いいという話で「慶應でおうけい(OK)」とぶっこむが拾われない。

※私、大昇君も大好きです。この子おもしろすぎる!Jrの中で「用もないのに話しかけてくるやつ」って言われているのがツボw。あと、めっちゃ歌うまい。彼についても今度記事書きます!

 

 

あと、優斗君が勝利君に「らじらー!」のこと褒められていたのも個人的嬉しかったなあ!一緒にラジオ、ぜひやってください!絶対聞きます!

あと、なんか優斗君が自分で自分のこと「スタイルどちらかというといいほう」って言って「はあ?」ってなるハイハイメンバーっていうレポもめっちゃ微笑ましくて好きです。

なんか、優斗君に関しては、今回かわいいって感じよりも、かっこいい・・・!ってなってるファンの方が多い印象。色気半端ないとか、twitter見てるとそんな意見見かけます。NHKのスタッフさんに漢字全部読み仮名ふってもらったり、長文を恐れていたり、「~けど」を「~けろ」って言っちゃったり、「爽やかなメロディ」を「「爽やかなメロリー」って言っちゃうかわいいかわいい優斗君に色気があるなんて・・・!!おばはんは想像できまてん・・・!(キントレくっそ楽しみ)

 

 

 

はあ~本当にみんなまるっと大好きです。

最初はうきたんだけだったのに、B少年みんな好きになって、優斗君好きになって、ハイハイみんな好きになって、今猪狩君とはしもっちゃんブーム到来中です。笑

は~!ジャニーズ、夢をありがとう!!

 

 

さて、それでは一人で興奮しながら今日もレポ流れてくるのを楽しみに待ちます・・・

 

実写化希望!ハイビーおおきく振りかぶって!

 

 

 

気づいてしまいました。

 

 

 

 

おおきく振りかぶって」がめっちゃHiHiB少年と親和性が高いということを…

 

(ただのオタクが自分の好きなものくっつけただけ)

 

いや、わかってるんです。

ただ自分の趣味だってことぐらいわかってるんです。でも、それにしても、胸の高まりが鳴り止まないので、好き勝手に書かせていただきます!

 

 

まず、皆様、「おおきく振りかぶって」をご存知でしょうか?ここで簡単にこの漫画の紹介です。

 

 

おおきく振りかぶって

作者:ひぐちアサ    出版社:講談社

月刊アフタヌーンに連載されている非常に人気のある野球漫画です。

アニメ化もされています。

f:id:ukiuki722:20170807220732j:image

球は遅いけど9分割のコントロールを持つ気弱なピッチャーを主人公に、埼玉県の弱小野球部が甲子園を目指す青春部活漫画です。魅力は、一試合一試合丁寧に描かれる野球そのものの面白さですね。それに、「高校生」ならではの、部員同士や敵チームとの人間関係がリアルに描かれています。「あ〜、高校生の男子ってこんな感じ」とか「あるある、こういうの」っていう共感できる箇所が多いところも魅力ですね。勝ち負けばっかりじゃなくて、あだ名で呼びあう照れくささとか、保護者と家族の関係とか、そんなとこまで描かれていたりして、とても微笑ましいんです。

 

 

 

さて!本題です!主な登場人物を、私の脳内キャスティングとともに紹介致します!

 

 

 

三橋廉(佐藤龍我)

f:id:ukiuki722:20170807221044j:imagef:id:ukiuki722:20170807224839j:image

 

主人公。ピッチャー。球は遅いがコントロールが正確。気弱で常にワタワタしているが、マウンドは絶対に譲りたくないという頑固な一面もある。中学時代は一度も勝ったことがなく、嫌われていた。

 

 

 

阿部隆也(那須雄登)

f:id:ukiuki722:20170807221416j:imagef:id:ukiuki722:20170807230026j:image

キャッチャー。頭脳派で、的確なリードで三橋のコントロールを活かして試合を作っていくチームの要。私の永遠の推し(子供には隆也という名前をつけると心に決めていたが、飛貴という名前に出会い、本気で悩んでいる)。物事に白黒ハッキリつけたい、相手の気持ちを考えるのが苦手なタイプ。

 

 

 

田島将吾(髙橋優斗)

f:id:ukiuki722:20170807222402j:imagef:id:ukiuki722:20170807230526j:image

西浦(主人公達が所属する高校の名前)でNo.1のバッター。中学時代はかなり強いチームに所属していた。打率は高いが小柄なためホームランは打てない。底抜けに明るい性格でチームのムードメーカー。唯一三橋の言っていることを即座に解釈できる。

 

 

 

榛名元希(浮所飛貴)

f:id:ukiuki722:20170807222941j:imagef:id:ukiuki722:20170807231501j:image

埼玉県の強豪、武蔵野第一高校のピッチャー。

三橋、阿部、田島より学年は1つ上でプロを目指している。中学時代、シニアリーグで阿部とバッテリーを組んでいたが、榛名の「どんなにピンチでも自分の肩を壊さないために90球以上は投げない」という考えにより、衝突していた。

 

 

 

いやー、面白そうでしょ?

私は紹介しているだけでドキドキしてきました。

 

 

 

この他にもたくさんの魅力的なキャラクターがたくさん出てくるんですが、私は特に今紹介した4人が好きですね。この4人が織りなす人間模様がたまらないんです。

 

 

 

例えば、三橋と阿部君。三橋と阿部君の性格は正反対。そのため最初は阿部君がうじうじしている三橋にイライラしていつも怒鳴りつけてしまいます。そのギクシャクした関係が、「阿部君がリードしてくれたら俺は勝てる」(ニュアンス)と三橋が伝えることによって、気持ちが通じ合い、バッテリーとしての信頼関係が少しずつできていくんです。

 f:id:ukiuki722:20170807235033j:imagef:id:ukiuki722:20170807235157j:image

 

 

 

え、待って…

って思いますよね!?

 

 

そうなんです!

これ、まさに、龍我君が泣きながら悩みを打ち明けて、那須君がシンメとして龍我君を支えていこうと決めたエピソードとリンクしてるんです…!!

 

 

 

さらに、阿部君と榛名の関係。

阿部君にとって、近すぎて嫌だった榛名の存在。ライバルとして再会する運命。これも、同期で学歴等共通点が多いにもかかわらずタイプが違い、お互い実力を認めながらもライバルと認識してきるうきなすの関係と、どこか通じるところがあります…

 

 

また、ゆうぴーの明るさとちょっとおバカなリアルな高校生感は、チームのムードメーカーの田島そのもの。三橋と仲がいいところも、龍我君が優斗君を慕っているのに重なります… 

 

 

 

うわあああああ〜

ナンジャコリャー

 

 

 

しかも、キャラと容姿が本当にかぶるんです!

 

龍我君の落ち着きのない感じは、本当に三橋のワタワタしている感じと似ています。常に汗かいている感じとか!

 

 

那須君の頭脳派なイメージは阿部君のイメージと重なる。ちょっと強引さや荒削りな感じは、おぼっちゃまな気品がある那須君とは違う気もするけど、そこは那須君の演技力に期待(無責任)。笑 あと、タレ目なとこもお見事!

 

 

優斗君はさっきも書いたような田島!!

田島、ティヤハっ!って笑ってそうですもん。

 

 

そして我らが飛貴様の榛名!つり目なとこ、気貴いとこがリンク!浮所君も育ちの良さでちゃいそうだけど、そこは演技力に期待(またもや無責任)

 

 

 

今、私の脳内でおおきく振りかぶっての名シーンが、hihib少年の彼ら達によって再生されています…

 

 

ああ…

偉い人…

HiHiB少年での実写化お願いします。

 

 

こんなシーン、HiHiB少年たちで見たすぎる…!!

 

 f:id:ukiuki722:20170807235206j:imagef:id:ukiuki722:20170807235433j:image

 

脱線 ハイビー担当の葛藤

 

今日は今思っていることをそのまんま書きます。多分まとまりのない文章になってしまうので、申し訳ありません…うざいなって思ったらそこで閉じちゃってください!

 

 

今、私は悩んでいます。

いや、そんな大げさなことじゃないんですけど!悩んでいるっていうか、モヤモヤしています。このモヤモヤ、突然来たわけじゃないのです。ああ〜、やっぱり来たって感じです。いつか来ちゃうんだろうなって最初から予想していて、でもまだ先だろうと目をそらしていた問題です。

 

 

その問題とは…

自分の応援している子がデビュー出来るのかどうか考えてしまうことです。

 

私は、この春、あのMステあたりで東京B少年の浮所君に落ちてしまいました。ニコニコしていて可愛くて!オレンジがすごーく似合っていて…そこからは、今までの少クラ録画見直したり、twitterでB少年アカウントを作ったり、ファンの方のステマに自ら突っ込んでいったり、ブログ読み漁ったり、雑誌読み漁ったり、キントレの一般繋がって興奮したり、毎日が本当楽しかったです!

今、仕事でなかなか苦しんでるところがあるのですが、B少年も頑張ってるし私も頑張らなきゃって思ったり、浮所君みたいに仕事大好きって言えるようなるために今は耐える期間だって思ったり、本当に彼らが励みになって生活できてました!しがないアラサーですが、負けてられないって気持ちで、生活にハリが出ました。

 

 

今も帰宅してお風呂入りながらtwitterトロールするのが至福の時間です。

 

 

ただ、予想外の出来事が起きてしまいました。

 

 

髙橋優斗君のことも好きになってしまったんです。

そして、浮所君と優斗君を追っているうちに、周辺のHiHi B少年みんなのことを好きになってしまったんです。

 

いやー、本当に予想外です。笑

 

 

いや、最初に浮所君を好きになったことも意外すぎました。というのも、私ドライなファンなんです。今まで嵐の大野智君を好きになった時も、Sexy Zone佐藤勝利君が好きだった時も、貢いだことはないです。ジャニーズショップ行った時も、気に入った写真しか買わないですし、1枚も買わないことも普通にあります。グッズは基本買いません。デザインが気に入って、使えそうって思うもの以外は買いません。あ、ペンライトとうちわは別です。雑誌も、よっぽど気になったものしか基本買いません。CDも複数買いはしません。ライブも自分と友達と家族の名義が外れたら縁がなかったんだな〜また次回!って思って諦めてます。

 

あと、ジュニアは絶対に好きにならないと思ってました。少クラもセクゾのとこ以外は飛ばしてました。あと、なんとなくジュニア好きにな人ってショタコンだよなって思ってて自分は違うって思ってたんです。でも、勝利君が大人びてあっさりと興味なくなった時に、友達から理由聞かれて「だってもうかわいくないんだもん」って答えて、「ショタコンかよ!」って言われた時に初めて、自分が若いキラキラした少年が好きなことに気づいたんです。おい。

で、まあ、その事実は笑いながらあっさりと受け入れて、東京B少年のこと、たっくさん調べてこれが本当にすごく楽しい。少クラって本当に神番組!やっぱりNHK受ければよかったとか思ったり。

 

 

で、東京B少年追ってると、自然とHiHi Jetのことにも詳しくなっていくんですよね。そこで、髙橋優斗君にハマっちゃうわけです。本当に、顔も全く認識したことなかったんですけどね。何がきっかけか忘れたんですけど、思い出したいのに思い出せないんですけど、らじらーを聞いちゃったんですよね。そっからは早かったです。髙橋優斗君、おもろすぎて、元気で底抜けに明るくて、正直で不器用でもすっごく頑張ってて!

 

 

それで、髙橋優斗君きっかけでHiHi jetのこと調べ始めるんです。ちなみに私HiHi jetは羽場君がいた時の印象が強かったので、メンバーの変遷とかそれぞれのメンバーのこととか、初めて知ることが多かったです。優斗君が、めっちゃ押されで異例のスピードでジュニア街道を駆け上がっていることも初めて知りました。

 

それで、私が浮所君に夢中になったMステについて、HiHi jet側の気持ちを知るんです。優斗君のラジラーでの「自分たちに与えられたチャンス、短い時間にどんだけカッコつけるか考えた」の発言とか、瑞稀君の「東京B少年のおかげで気が引き締まった」って話とか。そして今回の早売りでの、猪狩君が怪我でローラー履けなかった時に、みんなでたくさん悩んで考えた話を読みました。これからこの4人で頑張っていこう!って気持ちになっているの、すごく素敵なことです。あー、優斗君が素敵な仲間に出会えて本当に良かったなぁと心底思っています。

 

 

さて、どうしよう。

私、東京B少年には今の6人でデビューしてほしいって思ってます。あの6人、キャラが立っててみんなで好きです(あ、正直言うと那須君は普通です笑。これ不思議で、自分が何故那須君にハマっていないのかわからないのですが、何故かハマっていません。分析したいくらいです。しかし、那須君はB少年にいなくてはならないブレーン的な存在です。)すごく調和がとれていると思います。

 

ただ、優斗君にもぜったいデビューしてほしいんです!というか、HiHi Jetもまるっとデビューしてほしくなってしまいました。猪狩君、好きです。あと、優斗君の悲しい顔はやっぱり見たくないんです。ローラーもダンスもめっちゃくちゃ頑張って追いついた優斗君の努力が報われてほしいし、優斗君の熱い思いが報われてほしいし、バラエティで大活躍してほしいんです!

 

 

 

そうなんです。ハマってしまえばハマってしまうほど、デビュー出来るのか出来ないのかが気になって、どっちを応援しようか、どういうふうに応援しようかって考えちゃうんですよね。

 

あと、ジュニアは、何が起こるかわからない。セクゾ担として、デビューしてもなにが起こるかわからないことは身をもって痛感しているのですが、ジュニアはもっとです。今回だって金指君がいきなりジャニさんに見つかったり、状況はコロコロ変わります。

 

これが予想がついていたから、本当的に今までのジュニアにははまらないようにしてたんですよね。ジュニア担の皆様、本当に心から尊敬します!

 

 

まあ、悩んでも仕方ないので、今は両方全力で応援するのがいいですね!幸い一緒に活動してくれてますし!

私のモヤモヤ感なんて、本人たちに比べたらすごく小さいものなんだろうし。

 

 

私がジュニアを応援していて、思うのは、叶わないかもしれない夢、すごく狭き門にむかって頑張る彼らは本当にかっこいいということ。大人になって、アラサーになって、失敗は怖いし、安定を求めがちで、ただでさえ保守的な自分がよりつまんない方向に行ってる気がしてるんで、本当にジュニアを心から尊敬します。

 

 

どうなるか誰もわからないけど、B少年にもハイハイにも、幸せな未来が待っているといいなぁ!!微力ながらも応援していって、この2つのグループがでっかくなるのを見届けたい!少しでも役に立てるように、友達に布教活動していくぞ!!笑