東京B少年に心奪われて

好きになった人が15歳だっただけ

ジュニア情報局 東京B少年動画公開‼

御無沙汰しております。長らくブログを書けていませんでした。

というのも、失念しておりました。

そうです、はい、湾岸Live落選です…

 

正直舐めていました。jr.担になるのは初めてだったので、1人何公演も応募できるんなら確実に1回くらいは当たるだろ!って思っていました。しかも、今回は、自分を含む4名義で全公演申し込んだので、もしかしてダブりすぎちゃうんじゃ?ちょっと調整する?とか話し合っていた自分たちを殴りたいです。よく考えたらみんな何公演も応募するんだから普通に考えて当選確率が10倍になるだけですよね。

 

今回、結構落ち込みました。うん、それほど熱が入ってしまっていたということですね…はあ行きたかった!コノヤロー、ジュニア情報局ふざけんなよ~って思っていたところに…

 

東京B少年 情報局動画更

ジュニア情報局様、ありがとうございます。愛してます。失意のどん底にいるオタクに救いの手を差し伸べてくださりなんとお礼を言ったら良いのやら…最近仕事が本当に鬱で精神的に終わっている毎日ですが、この動画を見ている時だけはニヤニヤとほほ笑んでいる自分がおります。アイドルってすごい毎日ありがとう。しかも動画も20分とボリューム満点!普段少年倶楽部でも、東京B少年が出ているところだけだったら20分もないと思うので、これはかなりの満足感。10秒くらいしか映らない(しかもメインのバック)ワイドショーを録画している我々からすれば、このボリュームは高級ホテルのランチビュッフェ並み。この動画を見ることが出来て、イベントへの応募券(あくまで参加券)得られて、年会費2500円って、ジュニア情報局スーパーお得です。まだの人は是非!ご入会お勧め致します!

 

今回の局動画、東京B少年のみの出演でちょっとした会場でファンの方集めたイベントの様子を編集して流してくれています。HIHI JETと同じ感じですね。

 

流れとしてはこんな感じ

1.歌

2.2組に分かれてゲーム(中学生組vs高校生組)

3.負けチーム罰ゲーム(ビリビリペンを真顔で耐える)

4.勝ちチームご褒美企画(胸キュン、愛のガチ告白)

5.歌(ユメタマゴ、少年のままで、キラキラ光れ)

 

トークに関して】

全体的進行役は那須君がやっているのですが、2チームに分かれてからは中学生チームのトーク担当は大昇君でした。というか、突っ込みも含め、大昇君はかなりトークを引っ張っているイメージ!猪狩君みたいの流暢に話せるわけではないのですが、めっちゃ一生懸命しゃべっているという感じ。この成長を見守れることが最高に幸せ。全力な半面、落ち着きない感じあったけどそこは、高校生組がしっかりフォローしてました。ってか、いつもHIHI兄さんやKING兄さんがいたから圧倒的後輩力がにじみ出ていた浮所君が…なんと…東京B少年だけだと飛貴お兄ちゃんに見えるのです…‼罰ゲームに怯える金指君に「大丈夫だよ、かなぴー強いから」と言ったり、那須君のガチ告白の後「俺好きだよー‼俺好き‼」と盛り上げたり、藤井君のエア壁ドンに壁があったと言ったり。そんな何気ないところにメンバーへの優しさを感じます。そして、突っ込みとかの言葉の一つ一つが丁寧。言葉遣いが綺麗で育ちの良さしか感じられません‼

それと、藤井君の安定感は抜群‼東京B少年はみんな頑張っていたけど、やっぱりたどたどしい感じがみんなあるのですが、藤井君にはそれがない。言葉を一番自然に発していて、突っ込みや動作で笑いもとれるし、KINGとかみたいなしゃべりなれてる感を感じることが出来ました。

 

那須君にイメージ変わりました】

那須君って真面目で堅物なイメージがありました。雑誌のインタビューとか、硬直してるんじゃないかと思いうくらいの真顔ファンサとかからそう勝手に解釈してましたが、局動画を見て印象少し変わりました。

那須、お主なかなかおもろいやん(何様)

そうなんです。正直に言いますがつまんないと思ってたんです。それが今回の動画で、「おれやるおれやる~、はいどうぞどうぞ~」の恒例のギャグの流れの中で、手を挙げるのが一番遅くなってしまった那須君が、「俺、遅かった、な(「な」のところで頭をペチンと叩く)」と言うんです…ものすごい昭和感。このシュールな感じが個人的にツボで、一気に那須君おもろいと思ってしまいました。あと、個人的にはここで、(どいしちゃったんだよお前!)って言わんばかりに「那須~!?」っていう浮所君と、「那須いきな」「早く那須」と無駄に急かしている龍我君も好きです。

あと那須君のことで触れるなら、声張るのがしんどそうな気がしました。顔を結構ゆがませてたので、大丈夫かな~って思いました。

 

【圧倒的に華がある龍我君】

龍我君、正直あんまりしゃべっていませんが、この子すごいです…動画だからなのか、簡易的なステージだからなのか、キラキラしている東京B少年の中でも圧倒的に華があるのです。発光してるというかなんというか…白い肌に赤い唇が際立ってて、なんか本当に美人な女優さんみたいなオーラを放っているんです。かわいいっていう感じより、華聯な感じで凛々しくかっこいいんです。『ユメタマゴ』の「裸になってなって汗かこ~」のとこでジャケットをチラっとめくって髪を少しいじる姿(汗を拭く再現なのか?)はなんか色気すら感じました…あのばぶちゃんのりゅがたんが…うう。この動画の龍我君を見ていると、龍我君には人を引き付けるオーラがあって、さすが入所してすぐジャニさんに気に入られるだけあるなと思いました(何様)

 

【浮所君の歌声】

 なんと浮所君のソロパートがございます。『少年のまま』の「愛なんて~間違えだらけで構わないさ~」のところ‼浮所君のちょっと高めの声が堪能できます。もう一人誰かの声が重なってる感じもしますが、そうだとしたらその人の声も好き(笑)しかも、その後の掛け声も浮所君‼担当としてはたまらないですね‼

あと、歌声に関して言えば、東京B少年全体の歌声は結構低めかなって思いました。少クラでの『keep On』とかのジュニア特有の高い張りのある歌声は意外とHIHI兄さんのものなのかな~って思いました。まあみんな声変わりの時期ですしね…

 

【HiHi Jetの局動画との違い】

雰囲気はあんまり変わらないのかな~と思っていましたが、全然違いますね。東京B少年の方が幼いです。フレッシュ‼東京B少年の動画を見てからHiHi Jetの動画みると、すごく落ち着いてて大人に見えます。トークも全員が慣れている感じ。あと、大きく違うと思ったのは、HIHI兄さんたちは、ゆうぴ、はしもっちゃん、瑞稀君、猪狩君の一人ひとりが強いところ。東京B少年は個人というより6人でトークして6人で踊ってるって感じだけど、HIHI兄さんたちは、一人ひとりがしゃべって歌ってるって感じ。ソロがあったからじゃなくってトークからそういう風に感じました。どっちがいいとか悪いではなく、違うな~って感じました。あと、はしもっちゃん、めちゃ歌うまいですね!

 

他にも、怯える金指君とか、ほかの人の発言繰り返しまくる龍我君とか、全力MCゆえ噛みまくりごまかすために必死にボケる大昇君とか、2人の設定のはずなのに投げキッス決めちゃう浮所君とか、ボールペンの渡し方までミュージカルな藤井君とか、「敗北」とかいう言葉が自然に出ちゃう那須君とか、かわいいところとおもろいところたくさんあるのですが、全部書いてたら議事録のなってしまうので、ここまでにしようと思います。

 

今週の少クラはHIHI兄さんたちの『yes』が聞けますね‼東京B少年も何か披露してくれますように…